小鉢には海の幸、山の幸、農の幸が盛られます。前菜としてあるいはお酒の当てになります。

季節の旬もあれば通年変わらぬ逸品もございます。他製、自製にこだわらない美味しい2~3品をまずお召し上がりください。

null
右は酢に浸けた鮭の頭の部分のひずと大根おろし、人参で和えたひずなます。柚子を天盛りしました。

今回は多めにひずを入れ、量も多めに盛ってみました。

加熱料理の中、冷たい料理が美味しく感じられます。

null
雪の降る季節になりました。今年の初雪は12月9日でした。

いよいよ寒くなり、師走の気忙しさとともに一仕事を終えた後の1杯は何ともいえませんね。

お酒、ビール、焼酎などの供にも良く合う鱈の親子漬は昔からある当店自家特製品です。

ぜひ一度といわず、ご賞味願います。

» Read More

null
エビフライとキスフライに千切りキャベツレタス、トマト、レモンが定番の盛り付けになります。

秋から冬は蠣の美味しいシーズンですね。蠣フライと海老や鱚、烏賊の組み合わせも可能です。お値段やメニューのバランスにより多少内容が変ります。

画像はエビ、イカ、キスのフライになります。
null
鮭、サーモン、鰈の塩焼きの他、サケやブリはゆうあん漬け焼き、照り焼き、味噌漬け焼きも冬の大切な栄養源。

鯛の切り身は酒粕漬けでいかがでしょうか?

見た目だけではわからない冬の海の恵みです。











» Read More

null
カニは【9品】プラン以上に付いています。お値段によって分量が変ります。

少し前からお値段が高めになっていますので、大目に召し上がりたい場合は宿泊プラン「2食付【部屋食】ボリュームUP★カニ倍増プラン」になさるか、もしくは別途追加料理として注文された方がよいです(要予約)。

ズワイガニ(松葉カニ)  1杯¥3,500~4,000(消費税込、サービス料込)
null
お造りもいろいろ。

鯛、鮃、(メバチ)マグロ、甘海老、ホタテ貝など美味しい魚介が盛られます。

選択するプランで量や内容が多少ずつ異なりますが、たくさん召し上がりたい場合は事前予約で追加が可能です。

*舟盛りは追加料理になります(事前ご予約要)。
null

紅葉が終わる頃には赤鰈などの魚とホタテ貝の煮物が合うのではないでしょうか?





null
またホタテ鍋も始まります。バターとポン酢の和洋折衷のような組み合わせもなかなか合うモノです。





大冬の鍋物の季節まではそれらの魚介料理で海の幸を堪能なさってください。



















10品以上に配膳される品になります。

蛤や浅利などの酒蒸しやお魚のすり身などでできたサンツー饅頭をとろみのある餡でいただきます。

秋に因み青シソの花穂をのせてみました。