null
焼き牡蠣(カキ)を追加料理として注文があり、このようにお出ししました。まずはお醤油と思われますが、その他に生酢とポン酢もご用意しました。

牡蠣(カキ)を殻つきのまま焼いて食べるのはおいしいでしょうね!本来は炭で焼くようですが、室内ではちょっと無理なので五徳に金網を置き、固形燃料で焼いていただきました。

専用の小屋などで炭火で焼いて食べれば安心して堪能できるかもしれません。

室内は焼き殻や灰が飛び散り、食中も後片付けもちょっと大変だったようです。(コンパニオン(酌婦)や配膳係の言)

「鮟鱇鍋の会」のように旧番屋のような所もございますので、いろいろにご利用願います。