«前へ [P.1/34] 次へ»  [全505件中  1件-15件目]  最初 / 最後

09/19: 秋晴れ

Category: General
Posted by: webmaster
秋晴れの一日でした。明日は彼岸入り。日中は暑い位ですが、今日の秋空には女性の長い髪を梳いたような雲が見られました。朝晩は急に冷えが感じられることもあり、着るモノにちょっと注意が要ります。夏季の営業の癒し期間もそろそろ・・といったところで、秋の観光シーズンへエンジンを掛けなければなりません。慌てることはありませんが、気持ちを引き締めて来る観光シーズンを迎えたいモノです。お米は今年はどうなんでしょう?

ところで、少し前から私は親戚の生前の道具整理、運搬のお手伝いをしていたのですが、なかなか大変なことだと思い知りました。介護施設に入所している親戚の家屋を解体することになり、中の家財や道具類を処分するにあたりいろいろな品々をたくさんいただいてきました。今回始めて家財宅急便を利用しいろいろ勉強になり、運送費もバカにならないことを知りました。道具は使用済みでも金銭では買えないモノが多く、思い出を辿りながらお手伝いを終えました。

その中には傷んでいない本類も多くあり、その一部でしかありませんが書棚とともにいただくことになり、自分だけでなく読書好きな方方に読んでもらえたらよいような本もありました。それらを館内に置き、オープンに読んでいただく宿というのもよいのではないかとも考えましたが、実現するには少し時間と準備が要りますね。いつかそうなったらずっと居心地がよくなるような気がします。

さて今日もよいお天気でしたが、趣味の野菜作りやガーデニングでは野菜の発芽のラッシュです。なかなか芽が出なかったパセリや比較的早く芽を出した青梗菜、春菊などを見ると可愛いモノです。すべて日光と水分、そして肥料と日数の具合により真っ正直に答えてくれます。細ネギは髪の毛ほど、赤玉葱は未だ眠ったままの様子です。

null
収穫の方は茄子がまだ盛んに生っています。キュウリは文字通り黄瓜になったモノもあり、それから種を採ることを考えています。トマトは抜き倒しました。ミニトマトは最初の失敗からそれでも脇目の茎が伸びてきたのでそのままですが、これ以上収穫は望めそうにありません。オクラも同様。どういうわけか実は最初の2つくらいで、その後は葉や茎が伸びるばかりでこちらも早目に抜くことにしました。水や肥料が多すぎたり、1株だけではなかなか生長しないということでした。やってみないと分からないことって多いもんです。


大根は何とか順調に成長しています。ハート形の葉が可愛く、先日は間引き菜を味噌汁に入れました。カイワレ大根なみのか弱さです。一時、捨てようと思った青シソ、赤シソは花穂に変っています。

ハーブは地植えしたミントやローズマリーが元気そうで、その横には新潟から株分けして持ってきた名も知らない植物が斑入りの葉に紫の花を咲かせ、どことなく派手な雰囲気を醸しています。

その周辺ではお隣の柿がいつものように実を生らせ枝を垂れています。また収穫できそうです。青い内に落ちる柿も多くあり、ハーブの上に落ちないように支柱を立て避けたりしています。

そんなふうな日々ですが、お彼岸になるとやはりひとつの区切り、節を感じないではいられません。深まる秋に向かい、観光やいろいろな旅行、そして魚介類の美味しさを味わえるシーズンです。日常から少し離れ、日本の秋の情緒を感じながらの旅をお楽しみください。

      ↑
画像はオクラ。実が生らないので原因を調べそれに対処した後、抜きとろうと思った矢先に3分開きのような花がまた1つ咲いていました。引き抜きは見送りましたが、その後もなかなか生長は進みません。

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
今日は台風や雨続きの後の久しぶりにさわやかさな秋の日になりました。この時季は夏野菜の後片付けや秋の種まき、苗植えなどで忙しくなります。今日も先日種まきをした三つ葉や青梗菜、春菊などの様子を観に行き、早速水やりをしてきました。

まだ発芽していないモノ、大根のように3cm位に発芽が伸びたモノなど、夏野菜の残る中、ガーデン菜園は賑やかな感じでした。一方、そんな中秋の虫、特に鈴虫でしょうか?能を思わせる静寂さを強調するようにリーンリーンと澄み切った声を響かせていました。その澄み切った声の美しさと哀調に幽玄とでもいえる、世俗を脱した別天地にこれはここだけなのかしら?と思いつつ、畑作業にかかりました。そしてふと音だけでもと思い、新しいデジカメ(以前のは故障により)のビデオボタンを押してみました。2分ほど動かしたままにしたところ、その中に途切れながらもその虫の声の響きは録音されていました。ビデオ掲載するかどうかは分かりませんが、このようなこともできる事に感心し1人で聞き惚れています。

でも生で聞ければ一番ですね。
+その後・・・
その虫の音はちょっとした林の中や墓苑などでもっと多量に聞かれました。が、鈴虫らしいですが正確なところはわかりません。インターネットで検索して聴けるかもしれませんね。

» Read More

09/05: 台風の痕

Category: General
Posted by: webmaster
事前の天気予報通り、台風21号が通り過ぎました。こちらは強風の台風風が吹きましたが、大被害には至らず幸いでした。関西方面ではかつてない高潮が発生し、被害も信じられない光景をまざまざと見せつけられました。自然には叶いませんね!今後の対策へ大きな課題を突き付けられたようです。

当館は忙しい夏期シーズン後の秋へ向かうオフの期間になり、幸いというか営業も一休みの感じの時季になります。お客さんへの心配や気遣いはなくても建物が存在する限り、自然の脅威に対しては常に気を抜くことができません。

昨日は、厨房の外で発泡スチロールか段ボールが強風に飛ばされ衝突するような音が聞こえ途絶えませんでした。確認のため外へ出たところそのようなモノは一切なく、原因はガスボンベなどの収納庫の扉の鍵が壊れており、そのためにドアが打ちつけられていた音でした!それでドアが動かないように強風と小雨の中、2人掛かりでいろいろ試み何とか風で開かないようにしました。
当日慌てないためにも普段からのチェックは怠れないモノです。気になったことは早目に対処するのがまず第一とまたしても学んだ感じです。

さて、一夜明けた今日は自家菜園のことも気になり行ってみました。案の定、胡瓜の支柱は傾き、種とり用と考えていた胡瓜は地面に落ちていました。茄子も枝葉の伸びが方々に伸び放題で支柱も抜けたり傾いたりしていました。雨で実はたくさん生り収穫は7個もありましたが、風の仕業には言葉が出ないですね。

今日の主目的は大根や細ネギの種まきと鉢への花植えやハーブの地植えをできるかどうかというところでしたが、種播きと花植えをやってきました。ハーブの植え替えは土の関係もあり、少し先に持ち越しました。花植えは寄せ植えは久しぶりに2鉢をやってみました。どんな風になるでしょうか?いつかアップできるとよいですが。

ところで、心身が多少疲労していても楽しいこと、好きなことは夢中でやってしまうようです。明日も高温になりそうですが、熱中症等にならないよう注意したいと思います。

今月はお彼岸の連休もございます。旅行やお墓参り、夏の名残を惜しんだり秋を楽しんだり・・いろいろにプランを立て、ご予約の上ぜひご利用願います。

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
「わらアートまつり 新潟」(西蒲区)をリンクさせていただきました。造形の大変さや楽しさが伝わってきます。

ぜひ閲覧なさってください。


連休に会場へ足を運んでみました。
null
思っていたより広~い公園でした!大きなわらアート作品が所々に見られ、角田山の麓にマンモスとアフリカの草原の両方を想わせる、清々しくのびのびとした空間がありました。

遊園地のような場所も観られ、連休に家族連れや子供たちが元気よく遊んでいました。

NPOの説明案内板によると、この地は上堰潟の底土を掬い積み上げて作られた人工の公園のようでした。秋の今は例のりーんりーんの虫の音と蝉の声もまだ聞こえていました。潟の端には白い鳥がある程度の群れで飛んでいましたが、あれは白鷺でしょうか?

周辺には桜並木があり、お花見シーズンはまた違った趣が楽しめそうです。

» Read More

08/27: 恵みの雨

Category: General
Posted by: webmaster
台風19号、20号の接近により雨が降ってから、雨のお天気が続いています。秋なんですね~ 嬉しいばかりです。猛暑、真夏日の日々もそろそろ下り坂になり朝方はちょうどよい気温で過ごせます。日中や夜はまだ蒸し暑く、クーラーを使用しないと安息は得られない日もありますが、ずっと心身的に楽になってきた感じです。

雨に因んで、というと菜園や畑の野菜のことをお伝えしたくなりますが、今日は最近知った長岡市の史実の断片をお伝えします。知っていらっしゃる方も多いと思われますが、今年は「長岡開府400年」に当るのだそうです。寺泊に住いしていると長岡に血の繋がりはあってもそのような大きな事にはほとんど縁がないのですが、パンフレットなどで長岡藩の藩主についての記載があり、それとなく読んだところ大変興味のある内容が目につきました。

その時は9代藩主牧野忠精公のことが中心でしたが、目についたのはその「雨龍文字」という変わった文字でした。鰻のように曲がりくねった絵文字のようでふざけて書かれたかと思ったりもしましたが、そこには地域や自然に対する深い洞察、敬いが感じ取れました。その小冊子では現在の周辺の施設などの紹介に挿し絵と文字で表記され、柔軟な心や姿勢を示唆しているようでした。実際にその時代の農村部などへ掛け軸にしてご利益もあったと記されていました。

長岡市に合併(平成18年)されてからだいぶ経ちましたが、それまでのそれぞれの市町村の歴史が異なるためかあらためて知らないが多いと思い知らされます。戦災でお城の影はありませんが、現在のJR長岡駅に御本丸がありその周辺がお城の所在地であったことや、老中の要職に携わった方方もおられ、江戸(東京)との繋がりは深かったことが分かりました。

これまで治安や行政などは遠いことと思っていましたが、昨今はコミュニティという意味で、一般市民の生活を守るという意味から秩序を保つ組織、基盤は欠くことができないモノと感じています。古きを温め新しきを知り過ちを繰り返さないよう、効果的で人間性に満ちた判断で物事を処理し、同じ事件が起きないように対処して頂きますよう望むばかりです。

金銭のみで振り回されそうな今の世で見習う事がたくさんあるように思いました。

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
昨日、今日とめっきり秋のような季候になりました。猛暑を下回る真夏日の気温でもだいぶ涼しく感じられのは朝晩の気温が低くなったせいでしょうか?多少の気温の変化で随分過ごしやすくなるものだと思います。油断して風邪など引かないようご注意くださいね。

今さらですが、冷蔵庫のあるお部屋の庫内飲み物に水(ペットボトル 555ml)が追加されました。もちろん、お客様の水の持ち込みは自由ですが、冷蔵庫内のモノも有料でご利用可能です。

尚、配膳係等にお水を持ってくるように依頼された場合、今後は当館2L容器1個1回に付¥100をいただくことになりました。もちろんお部屋の水道は飲めます。

一先ず、以上の追加変更を宜しくお願いいたします。
Category: General
Posted by: webmaster
お盆のUターンラッシュが始まっています。皆さんもお忙しい事と思います。当館も例年満室に近い状態になるのはお盆とGWなのですが、毎年少しずつ変化してきています。

今日はそんな中、お墓の様子を観に行ってきました。緑の木々に囲まれた寺の境内にあるお墓のある場所は蝉しぐれが盛んでした!シャワーのように蝉が鳴くといいましょうか、日々の生活とは別天地でした。
当家のお墓は一周忌を終えた年だったので草の繁りや落ち葉も大したことなく、いつも積んである庭箒とちり取りでざっと掃き、残っていた花立ての枯れ花の始末や蝋燭立ての掃除をする程度で済みました。

1年に1回、ご先祖としみじみ向かい合う時であるお墓参りには子供のころからどことなく分かったような分からないような想いが残っていますが、人に一生がある限り大切な事と思います。尚、今年は”精霊馬”を自家菜園で収穫したキュウリとナスで作り、仏壇に飾ってみました。仏さんは無事、あの世へお帰りになるでしょうか?

お盆はこれからですが空室がございますので、魚介料理を楽しむことの他、ご先祖に会うためにもぜひご利用願います。



» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
8月6日は芸能等が催されるサマーフェスティバル、7日は大花火が打ち上げられます。今年はお天気に恵まれ、綺麗な花火を観ることができました。

来年も宜しくお願いいたします。

★ ☆ ★ ☆ ★

旧館和室15畳(3F)の窓側から花火が観えます。被るように近くに観えるのはよいですが、その分、音も大きい事をご了承ください。









Category: General
Posted by: webmaster
毎日、真夏日を越える高温の日々が続いています。こんなに暑い日が連続的に続くのはめったにないことです。畑の野菜や木々もいつもの暑さとは違うこの酷暑に異常な様を見せています。

楽しみにしていた枝豆は実が付き始めたのですが、葉が焼けたように黄色や白色にまでなり、せっかくホースを伸ばし取り付け口も簡単にできるようになった水やりも砂地の畑は思うように吸収してくれません。実になるまで保つでしょうか?肥料、水の加減に気を遣っています。

一方、トマトはこの暑さのせいでしょうか、たいへん美味しくなっています。葉が枯れそうでも実は少しずつ赤や黄色に熟成が進んでいるようです。他の野菜の葉を見ても枯葉のようになり、植樹した銀杏の葉は黄葉のように散っていたのでジョウロで水を運びました。
サルスベリ(百日紅)は周辺の住宅庭のは満開に咲いていますが、家のは剪定したせいでしょうか?枝先にほんの少し花の蕾が見られる程度です。今年もピンクの花の咲くのが見られるでしょうか?
背丈ほどもある蓬(ヨモギ)などの草草も葉がしおれ垂れ、お化けのように立ち並ぶ様に干ばつという言葉が浮かんできます。一雨でも降ってくれたらよいのにとつくづく思います。

そんな中、今日は長岡まつり大花火が打ち上げられました。日々雑多なことに追われていると花火のことを忘れていましたが、テレビの中継画像を見た途端、その素晴らしさに疲れがどこかへ飛んでいってしまった感じです。悠久、雄大、永遠などの言葉が浮かんでくる長岡花火第1日目でした。

早くから宿泊等の予約をされ、会場まで足を運んで観覧されたお客様は感動し満足されて帰館されることでしょう。2日間だけは早くから予約が入り、その後キャンセル→予約の変動が激しく、またチェックインや帰館が遅くなり宿側としてはちょっと手がかかる日なのですが、感動し喜んで帰っていらっしゃると思うとそれも和らぎます。

あすも花火は打ち上げられます。お楽しみにお出でください。

✿ ✿ ✿ ✿ ✿ 
8月下旬に無事、ガーデン菜園の百日紅もピンクの花を咲かせ始めました。木が混み合っていたことからうっかり白い花の咲く百日紅を根元近くで切ってしまったのですが、それも脇枝が伸び始めました。もしかすると花を咲かせるかもしれないですね。
  ↓
null
9月にはこんな風になりました。ピンクの花の百日紅の幹の向うから白い花が顔を見せています。根元は数10cmしか離れていず高さも数10cmしかないのですが、このようにヒコバエが伸びて花が咲きました!たくましいモノですね、木は。

今後は剪定を楽しめるでしょうか?

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
毎日、高温の日々が続いています。こちらでこんな感じなので、大洪水土砂災害の中国、四国地方での後片付けの大変さが思い遣られます。水分や食事、睡眠を十分にとり、熱中症やその他で体調を崩さないよう頑張ってくださいとしかいえませんが・・。ご無沙汰している友人や知人のことも気がかりですが、いつか落ち着く時が来ると思っています。

今は夏の土用になり、風に土用らしい感じはあまりなく、真夏のゆったりした時の流れが感じられます。菜園の夏野菜もゆっくりと生長しているようです。キュウリは生長が早く、毎回1~2本ずつ収穫しました。過去にうどんこ病やウリハムシに悩んだことがウソのように、今年はまっすぐ伸びた活きのいいとげとげの胡瓜をたくさん収穫できました。

トマト、茄子、オクラもそれなりに生長しています。枝豆は実が付き始めました。ネギは夏を乗り切るでしょうか?それにしても枝豆はこの酷暑の中でも畝で発芽したのには驚きました!虫に食べられる前に早く食べたいと思いますが。

一方、裏方ではなかなかの苦労がありました。水の問題です。年齢を重ねるにつれ、少しでも楽ができるよう常にいろいろ工夫をしているのですが、この度はホースを延長しました。そして如雨露、シャワーなどにもなるヘッドを取り付けたのですが、これがなかなかうまくいきません。35mにもなると蛇口や古リールの繋ぎの部分でホースが外れてしまうのです!いろいろな部品を買い試していますが、結局ヘッドなしで使用した方が簡単かつ安心といった結論に達しています。

自分の所有でない所や部分も関わっているのでなかなか面倒な点もありますが、自家菜園やガーデニングの楽しみには替えられません。いろいろ苦労しながら続け、明日は夏の土用の間日なので追肥をしっかり施そうと思っています。暑さ故か肥料故か分かりませんが、1株のカボチャは今季の収穫は望めません。しっかり元肥のスケジュールを立てて取りかからないとこんなこともあるんだなと勉強した次第です。

ところで水やりやホース問題で朝のラジオ体操をしばらくしなかったところ、体がこわばり首が回らなかったり肩こりがひどくなったりしました。ところがタイミングよくタイ式ヨガ教室があり、久しぶりに受講しました。身体の不具合の解決になるポイントを知る事ができて良かったです!また道の駅はNPOが営んでいることを今回初めて知りました。

皆さんもいろいろな情報を生かしながら、有意義な日々、人生を送れるとよいですね。

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
毎日毎日猛暑のような気候で、ほんとに参ってしまいそうです。そんな中、枝豆が元気です。

1番目のエダマメ畝に花が咲きました。小さな薄紫の花です。あまり小さいのでそれらがほんとに全部実に生るかどうか疑わしいですが、揃って咲いたのは嬉しい限りです。

他にはオクラの黄色の花も咲き始めました。アオイ科ということで中輪か大輪に咲くのを期待しましたが、大きくなる前のまだ綻び始めといった感じでしたが、薄黄色は優しさと華やかさを予感させます。

収穫も1本ありました。小さな実は元気に天に向かい生長し始めています。たくさん生りそうです。
Category: General
Posted by: webmaster
トマトやキュウリなどの夏野菜の収穫が始まっています。といっても、自家菜園のお話ですが、たくさん生りました。出来栄えはサイコウ!

獲れたてのトマト、キュウリに思わず久しぶりに大満足。厳重にネットを張り巡らしたおかげで今のところ小動物に食べられることなく、生長しています。

ところが、黄色のトマト(桃太郎ゴールド)は尻腐れ症状が観られ、早速苦土石灰を施しました。何となく効いてきた感じです。

ミニトマトは最初の頃に主茎を誤って切ってしまい、その後は捻枝をしてみましたが未だにたった一房しか実が生りません。でもそれも赤く色づき始めています。

いろいろ難しいものです。細やかな観察や気の使い様は人間以上でしょうか。手間暇かけて大変な中にもそれが食としての満足とストレス解消になれば一石二鳥です。

これらの瑞々しい野菜を折を見て、お客様用にも活用しています。
Category: General
Posted by: webmaster
新潟地方は梅雨も明け、毎日真夏の暑さですが、幸い大雨の大きな被害はなく夏のシーズンを迎えています。連日伝えられる西日本の大洪水の甚大な被災状況に言葉もありませんが、お悔み申し上げます。知り合いや友達もいるので連絡をと思いますが、それもまだ時期尚早の気がしそのままです。心身の打撃も大きいでしょうが、困難な状況の中でも食べる事と眠る事を忘れず、慌てずに頑張ってください。

一方、海外では5月に旅行したタイで川の増水により少年らが洞窟に閉じ込められた事故がありました。こちらも救出作業が続けられています。幸い大方無事に救出されたようです。熱帯と温帯の違いはあれ、地球レベルの天候の異変を感ぜずにはいられません。行動する時には大袈裟すぎるくらいの準備がよいのかもしれません。

日々普通の生活をしている人でもこの暑さにはちょっと油断すると参ってしまいそうです。そんな中、新潟市内まで自分で運転をし、介護病院へ入所した伯母の家財道具の後片付けのお手伝いに行ってきました。子供の頃度々お邪魔したので懐かしさを感じたり、一方では90歳を越え生きる人の道具類に人生の重みやその時代、土地柄がしみじみと感じらました。

自分で運搬し持ち帰った品々を置いてみると新潟の古く頑丈な物品がたくさんあり、知らない方にもお目に掛けたい衝動に駆られました。後日、客室のどこかでお目にする事があるかもしれません。日本人形や額縁、藤椅子などがあり、序でに田甚に昔から存在していた古い掛け軸や扇子などもこの機会に光りを当ててみようかなと思い始めています。

# # # # #
販売品や粗品の数々・・
null
扇子は未使用で、留め紙を切るといろいろなデザイン、模様モノがあります。靴べらには初めて電話の利用が開始された昭和20年代でしょうか?その時の割烹、鮮魚田甚と電話番号寺泊七番が金文字で表記されています。記念品や粗品として用意されたと思われます。

民芸品の寺泊提灯や絵葉書、小型の置き物はお土産品として販売されていたモノで、現在は割引した価格で販売しております。よかったら手に取ってお買い上げ願います。

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
自家菜園で今年収穫した野菜類などをご紹介します。時期は順不同の場合もありますのであしからず。

今シーズンはなぜか根菜類や球根が多くなりました。画像上部からニンニク、玉ネギ(赤と白)、チューリップの球根になります。このように吊るしたり箱に入れたりして保存していますが、収穫数は少なめです。

ニンニクはあんなに長い間、土の中にあってもこのような大きさにしかなりませんでした!1粒からと思えばその成長の形には感心しますが、スーパーなどの店頭で観られるニンニクの栽培の苦労や工夫が思いやられました。

玉葱は米ぬかと後で溶りんを肥料にしましたが、大きくなりませんでした。またマルチもしなかったところ、雉や小動物に踏まれたり冬の強風で根が抜けたりしたのでしょうか?生長が観られたのは遅く本数も少なかったです。
運よく生長し収穫の合図である葉の倒れるまで待って収穫しても、この程度の大きさでした。万全の収穫を望むなら自然に対しての細心の注意は怠れません。次回は忘れないようにしたいと思います。

ところで、今回は白玉ネギより紫(赤)の方が自然に対して多少強かったように感じました。スライスし、日々ミックスレタスと簡単サラダにしたり、魚や肉、揚げ物の付け合せにしています。レタス類は手近なところで栽培するとたいへん重宝します。身近に生野菜があることは心強いですよ!

チューリップは来年も植えるとしたら新しい球根を用意しないといけませんね。

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
毎日、キビシイ暑さですが、台風の影響でしょうか?真夏日、猛暑日となると熱中症のことが報じられます。幸い死者が出たというようなニュースはまだ耳にしていませんが、私的に午前中から午後6時くらいまで、1日中の感じで外出し自分で運転をしたわけでもないのですが、長岡寺泊→新潟市内→寺泊→長岡市内→寺泊と、途中荷物を下ろした後、助手席に座った状態で200kmも走行し相当の暑さにさらされました。

というのは最初からその予定ではなかったのですが、いつもバッグに運転免許証などの貴重品を入れておく小物入れが行方不明になり、あちこち思い当たる所を探していたのですが結局見つからず、同行者の好意で手続き制限時間ギリギリに間に合うということで、運転免許センターまで車を走らせたわけです。幸い、時間にも間に合い手続きもスムーズに済み、その場で新しい運転免許証を再発行していただき大きな障害もなく日常の運転生活に戻れました。ちなみに再発行は¥3500の出費でした。

ところが、その晩遅くなっても体のほてりというか体熱がこもった感じで、何となくいつもと違う数時間を過ごしました。もしかするとこれが熱中症の始まりの症状なのかもしれないと感じたわけです。その後は幸い、嘔吐や下痢などそれ以上の悪化症状は発生しませんでしたが、猛暑や真夏日に長時間、高温にさらされることは避けるようにした方がよさそうです。外出を控えていた方が無難の場合もあることを身をもって感じました。

これからまだ酷暑の日が多々あると思われますので、お天気予報、高温情報に注意しながら行動することは必要です。外出の際は十分気をつけてお出かけください。

後日談:
結局1ヶ月経っても貴重品の入った小物入れは見つかっていません。暑さや忙しさで注意散漫になりがちですが、皆様もお気をつけください。
«前へ [P.1/34] 次へ»  [全505件中  1件-15件目]  最初 / 最後